夜のビーチを彩る発光プランクトン モルディブの夜の海岸の風景夜のビーチを彩る発光プランクトン モルディブの夜の海岸の風景

モルディブの夜の海岸の神秘的な光景

海洋性のプランクトンである夜光虫(ヤコウチュウ)は、直径1~2ミリメートルほどの小さな生物。小さなといってもいわゆる原生生物としては大きな部類に入るのだが、この夜光虫を人間にとって特別なものにしているのは、物理的な刺激を受ける事によって自ら青い光を放つその性質だ。体内にあるルシフェリンと呼ばれる発光素が発光酵素により酸化されることにより光を放つのだが、一個体のその青い光は弱いながらも沢山集まることにより、幻想的な光景を作りだす。

インド洋に浮かぶモルディブでは、夏場になると夜光虫が集まって夜の海岸が美しい光に彩られる風景が見られることで知られる。幽玄で神秘的なその風景は一度見たら忘れられない。昼間の透き通った美しい青い海とはまた違った幻想的な風景。死ぬまでに一度は見てみたい美しい風景だ。